【イラレ修行012】 クリッピングマスクをマスターする

SPONSORED LINK

Pocket

【お詫び】
画像の引用に問題があったので、取り下げさせていただきました。経緯についてはこちらのエントリーをご参照ください。

さてお次はクリッピングマスクなるものを学びますよ。

これ、背面にある図形を前面にあるパスで切り取る、というものですね(ただ、画像自体が切り抜かれるわけではないところに注意。詳しくは後述)。

せっかくなので、前回から登場しているゴリラくんとウホッ良い男に登場してもらいましょう。

↑ 今回の題材はこちら。ゴリラ君の顔のパスでもって写真をくりぬき、合成してみます。

↑ ちなみにクリッピングマスクの概念を図解してみた。前面のパスから背面の画像をのぞく、って感じですかね。背面画像が実際に切り抜かれるわけではなくて、無傷なままなのが特徴です

↑ まずはマスク用にゴリラ君をコピー、その背面に写真を入れ込んで位置とサイズを調整します。

↑ このままだとゴリラ君の顔がマスクにならないので外周をダイレクト選択ツールにて選択してから削除し、顔の部分だけのパスを作ります(作業の詳細は「【イラレ特訓009】 切り抜いた部分に塗り色をつける」で説明したよん)。

↑ ここまで出来たら二つの部品を選択してcmd+7です。見事切り抜かれました。ちなみに解除するときはcmd+option+7です。

↑ なお、ちょっとずれたな、と思ったらダイレクト選択ツールでドラッグすると写真の位置を変えることができます。

↑ あとは合成すれば良いだけです。うほっ、いい(ry

↑ 応用してみた。こうして、写真を文字でさくっと切り抜いたりもできますね。

クリッピングマスクを使えば元画像(写真)を崩さずに必要なところだけ表示させられるから良いですね。マスターしておきたい技ではないか、と。

さーて、次は何をするかな。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.