【ひとりStartMac】 MacBook Airで開発環境(Apache+PHP+MySQL)を整える

SPONSORED LINK

Pocket

さてお次は開発環境ですよ。Apache、PHP、MySQLは欲しいところ。

いろいろ考えたのですが、結論はVMware Fusion + CentOSで!にしました。

MacPortsもいいかなぁ、と思ったのですが、どうせ本番環境はCentOSだし、VMwareも慣れ親しんでいるし、なにより今ならセール中!というのが一番大きかったかなw。

というわけで以下、作業ログをば。

  • VMware Fusion 3を購入!
  • 年末まで「サポートレスライセンス」が5,980円なので即購入。サポートなんぞインターネットで十分でしょう!

    ダウンロード販売なのですぐに入手できます。

    » VMware Fusion 3 – Mac ソフト、Windows ソフトのことなら act2.com

  • CentOSをインストール
  • CentOSの64-bit版をnetinstallの.iso使ってインストール。メモリは1GB、HDDは12GBを割り当てます。

    ↑ 快適に動作中!

  • VMware Toolsをインストール
  • VMware Toolsを一応インストール。これ入れておくと時間がずれないという噂が。マウントとかいろいろ面倒なので下記サイトを参考にしました。

    » VMware Tools インストール(Red Hat 9)

  • サーバー設定
  • 基本、この前のさくらの設定と同じ感じで。

    » さくらの格安VPSを借りたらいつもやっている設定いろいろ

    ただ、ローカル環境で自分しか使わないのでセキュリティは甘〜い感じで。パスワード認証にしちゃって、selinux/iptablesは無効にしちゃいます。

  • githubからclone
  • 管理しているサイトはだいたいgithubにあるので最新版をgit clone!

  • ターミナルは標準アプリで
  • WindowsのときはTereTermを使っていましたが、MacだとTerminalが評判いいのでそれで。SSHでログインしてscreen使って快適作業中です。

  • ファイル管理はTransmitで
  • ファイル管理はTerminalからでもいいのですが、GUIでやりたいときはTransmitで。同期とかできてすっごく便利そう。

    ↑ 便利すなぁ。

そんなところですかね。僕のまわりではMacPortsが人気ですが、VMwareだと学習コストも低くてさくっと開発を開始できますね。快適、快適。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.