その慣用句、カラダで表現してみよう!『八百一彦』

SPONSORED LINK

Pocket

以前ご紹介した「いまさらだけど『グッズのアイデア提案サイト prototype1000』が素敵ですな」のなかの人、佐藤ねじさんからリリースが。あいかわらずセンスの良い作品が出来上がっていますよ。

「八百一彦」は慣用句を顔で表現してくれる、というとっても教育効果の高い(?)サイトですよ。正しい意味かどうかは別としてw、強烈な印象は残りますよ。

100-1

↑ ずらっと並んだ慣用句。どれかをクリックするとポップアップが現れます。

100-2

↑ 「目を丸くする」w。これはまだ序の口。個人的には「頭が重い」が好きかなw。

ネタばれはよくないのでご紹介は一例にしておきますが、どれもなかなか凝ったアニメーションで思わず全部見てしまいますよ。

こういう作品が作れるスキルがあるといいですねぇ。

ちなみにタイトルにこめられた意味もしゃれています。

タイトルの「八百一彦(やおいちひこ)」とは、「顔」という漢字の部首(パーツ)を分解して並べ替えたものであり、「顔のパーツで遊ぶサイト」という意味を込めています。

なーるほどw。

» 顔の慣用句コンテンツ集「八百一彦」

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.