iPhoneを海外に持っていくときの注意点まとめ

SPONSORED LINK

Pocket

海外でiPhoneの3Gデータ通信をうっかり使っちゃって請求がうん十万円・・・という悲劇を避けるためにメモ。

パケ死ってレベルじゃねぇぞ、ってぐらいの請求くるらしいですからね・・・。気をつけましょう。

■ 基本戦略

まず知っておくべきは海外での3Gデータ通信はパケット定額の対象外、ということです。データ通信をするならWiFiのみにとどめておきましょう。ということで飛行機に乗る前に以下の設定は必ず行っておくこと。

■ データローミングをOFFにする

i_settei

↑ 「設定」

i_ippan

↑ 「一般」

i_network

↑ 「ネットワーク」

i_off

↑ 「データローミング」をOFFに。

これで海外で3Gデータ通信をすることがありません。

■ おまけ

飛行機にのったときは「設定」「機内モード」をONにしましょう。これで全ての通信機能がカットされ、ただのiPodになります。

i_kinai

↑ ここね。

せっかく旅行を楽しんだとしてもあとで巨額の請求書が来たら台無しですからね・・・。気をつけましょう。

ところでiPhoneのスクリーンショットを撮る際には以下のライフレシピが役立ちました。あわせて紹介しておきます。

» iphoneの画面を画像(キャプチャ)にする方法 | nanapi[ナナピ]

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. 海外行くときは「ローミングOFF」より、APN disabler を使ったほうがいいですよ。
    これなら海外でも通話・SMS, MMS が使えますし。

    • hoge
    • October 8th, 2009

    機内モードオンにして
    Wi-FiをONにすれば、海外の無料無線LANなども
    使用することができますよ。

  1. October 8th, 2009
    Trackback from : ぽこログ
  2. March 17th, 2010