【東京ブック】 不平をひとつ言ったら…

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

■ 今日の一言『不平不満』

話し合いをしているときに誰かが不平を言っていたら、そこで中断してある取り決めをしましょう。

そう著者は提唱している。

その取り決めとは、「不平をひとつ言ったら、良いことをひとつ言う」、というものである。

そうすることによってその場の雰囲気を良い方向に持っていくことができる。

またこの方法は、不平を言っても良い、という雰囲気を作ることができる。

不平を言うのは悪いことではない。

そうではなくて、不平だけを言う場をつくることが悪いのだ。

不平だけを言っていたら雰囲気が悪くなるし、解決に向かうエネルギーがなくなってしまうからだ。

■ 企画

仲のよい友人と同僚で行う。

会議中に

「不平を一つ言ったら、一つ良いことを言う」

のルールを徹底してみる。

■ 一言の出典

エブリデイ・ジーニアス 「天才」を生み出す新しい学習法

» エブリデイ・ジーニアス 「天才」を生み出す新しい学習法

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.