新しい生命の形を模索するテオ・ヤンセン展に行ってきた

SPONSORED LINK

Pocket

オランダ人のクリエーター、テオ・ヤンセンさんの展示が日比谷で開催されています。ちょっとその方面に用事があったので足を伸ばしてみました。

彼はチューブやらなにやらを使って新しい生命を作り出そうとしているクリエータさんですね。展示の説明にも「たんぱく質うんぬん」という説明がありました。うむ、いい感じです。

↑ 彼の作品の一例。見たことある人も多いのでは。

なんだかすごいなー、と前から思っていたのですが、彼の中ではかなりの世界観ができあがっていますね。彼が作る生命の年表なんかもあっていっちゃっている感が素晴らしかったです。

t_1

↑ こんな作品がいろいろ並んでいました。

t_2

↑ これは試作品。ミニサイズですが、圧倒的な存在感。実サイズもありましたよ。

t_3

↑ 彼のメモ。まさに生命の設計図。

なお、今回の展示は写真撮影OKという気軽さ。展示物の中には自分で動かせるものもあるので興味がある方は是非のぞいてみてください。

t_4

↑ 自分で動かせる展示。動かす際は係員に一言かけましょうね。おどろおどろしい動きがすごいっすよ。

次の日曜日までです。なお、1500円はちょっとね、と言う人は次のサイトから割引券も印刷できますよ。

» -Theo Jansen- テオ・ヤンセン展 公式HP

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.