CentOSをネットワーク経由でインストールする日記(インストール元サーバーのインストール1)

SPONSORED LINK

Pocket

c_top

今までの経緯はこちらからどうぞ。

» ネットワークインストール日記 Archive

さてVMware上での仮想マシンを作ったので、そこにインストール元のCentOSを突っ込んでいきます。前回CDROMから起動するように設定したのでその続きで。

■ CentOSのインストール

基本、最小構成でインストールしていきます。参考にしたのは「CentOSで自宅サーバー構築」ね。

c_11

↑ 始まるよー。ENTERキーで進みます。なお、VMware上で操作するとキーボードとマウスがのっとられるのでWindowsに戻りたかったらalt+ctrlで。

c_21

↑ 日本語を選択。

c_31

↑ しばらくは英語でOK?と出るので「OK」。

c_4

↑ 日本語キーボードを選択。

c_5

↑ 今回はFTPで。

c_6

↑ IPv6の指定をはずします。

c_7

↑ 「ftp.riken.jp」「Linux/centos/5.2/os/i386」を入力しておきます。

するといろいろダウンロードしはじめるのでちょっと待ちます。しばらくするとグラフィカルなインストール画面が現れますよ。長くなったので次エントリーでいっときましょう。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.