【東京ブック】 顧客の興味を引き出す方法

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

■ 今日の一言『P効果』

人は先にある種の何らかの情報を得ている場合、そのあとに入ってくる関連する情報の処理スピードが圧倒的に速くなる・・・。

その効果を教育学や心理学ではプライミング効果と呼ぶ。

これをうまく使えば、「あれも知りたい、これも知りたい」という知識欲の連鎖をつくることができる。

そう著者の弘中氏は語る。

同氏はこの仕組みをクイズと組み合わせることによって『クイジング』という新しい販促手法を確立した。

ただ単にクイズを一つ出すのではなくて、丁寧に段階を踏んで組み立てることにより、顧客の興味をどんどん喚起することができるようになるのだ。

この手法は応用範囲が広そうですね。

■ 企画

仲の良い同僚と数人で行う。

  1. 自社のパンフレットをもとに今自社がもっとも打ち出したいメッセージを考える。
  2. そのメッセージに関連する事柄が答えとなるようなクイズを考え出す。
  3. そのクイズを他の人に出して回答を教えたときにその人が次に何を知りたくなるか聞き出してみる。

■ 一言の出典

顧客と語らえ! クイジング入門

» 顧客と語らえ! クイジング入門

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.