ポール・グレアムのスタートアップ13か条

SPONSORED LINK

Pocket

paul

尊敬すべきY-Combinatorのポール・グレアムさんが提唱する「Startups in 13 Sentences」です。ぐっと来たのでいつものように超訳しておきます。スタートアップ企業に必要な13か条、といったところでしょうか。

  1. 良き共同経営者を選べ
  2. スタートアップにとって共同経営者とは不動産にとっての立地のようなものである。他のものは簡単に変えられるがそれだけは変えられないのだ。成功したいなら共同経営者を慎重に選ぼう(※ ちなみにY-Combinatorではいつも「チームで来い」と言っていますね。一人の天才では起業できませんよね)。

  3. 早くリリースしろ
  4. 製品やサービスをリリースしてからが本当の仕事だからだ。リリースするまで君は本当の意味で働いていることにならない。

  5. アイデアを育てろ
  6. 早くリリースしてそれから育てていけばいい。最初からすごいアイデアはない。すごいアイデアは運営してから生まれてくるものである。

  7. ユーザーを理解しろ
  8. ユーザーが何を欲しているのかを常に考えよう。そうすればユーザーの数は勝手に増えていく。ただ、ユーザーを理解して何を欲しているかを推測するのは難しい。だから「自分が欲しいもの」で起業するのは悪くないアイデアだ。

  9. 少数でもいい
  10. 多くのユーザーをなんとなく満足させるよりも、少数のユーザーを100%満足させよう。

  11. すごいカスタマーサービスを
  12. ユーザーはひどく扱われることに慣れてしまっている。そこですごいカスタマーサービスを実現するのだ。相手が恐縮するぐらいがちょうどいい。最初のステージではきついかもしれないが、こうすることによってユーザーをぐっと理解することができるようになる。

  13. 測定すべし
  14. 測定されるものは改善される。ユーザー数を増やしたいなら壁に大きな紙をはって毎日グラフにしていこう。

  15. 節約すべし
  16. いうまでもなく、節約は大事だ。せっかくいいサービスを展開しているのにお金がなくなって消えていくスタートアップも多い。しかも節約する習慣は企業を「若く」する。運動する習慣が人を若くするのと同じようなものだ。

  17. まずは最小限の利益を狙え
  18. まずは創業者の生活費が稼げるぐらいの利益を目指そう。そこまでいけば気分的に投資家とうまい関係を築くことができるようになる。

  19. 邪魔を排除せよ
  20. 特にお金が入ってくるような「邪魔」に注意しよう。副業、コンサルティング、すぐにお金の入ってくるちょっとした仕事・・・。こうしたものに邪魔されて本来すべき作業が滞るのだ。ちなみに資金調達もこうした邪魔のうちに入る。これも最小限にしよう。

  21. やる気をなくさないこと
  22. スタートアップが失敗する要因はお金がなくなること以外にもある。創業者の集中力がとぎれてしまうことだ。起業するのは大変なことだ。大きな荷物を持ち上げる前にひざに注意するように、気力をなくさないように常に注意していよう。

  23. あきらめるな
  24. あきらめなければかなりのところまでいける。すくなくとも起業においてはそうだ(世界的な数学者になりたい、という場合にはあてはまらないかもしれない)。

  25. とれない契約もある
  26. さまざまな契約にこだわりすぎてはいけない。うまい話はほとんどうまくいかないものだし、こだわればこだわるほど逆に契約がとれなくなるからだ。

以上ですかね。ちなみにポール・グレアムさんはどれかひとつを選ぶとしたら4番を選ぶそうですよ。個人的には2番が重要なような気が・・・「リリースするまでは働いていることにならない」って耳が痛いですね・・・。

さて主張はそれほど変えてはいませんが、やっぱりかなりの超訳をしてしまったので引用や資料にするときは原文をあたってくださいね。

» Startups in 13 Sentences

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. February 24th, 2009
  2. February 28th, 2009
    Trackback from : Wordle | Life Hacks Lite