【東京ブック】 プレゼンの前準備

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

■ 今日の一言『素の状態』

プレゼンの達人であるシンガタの佐々木氏は次のように語る。

プレゼンのときは相手に「素の状態」に戻ってもらうことが重要です、と。

例えば街中に貼るポスターについて提案をしているとする。

それを会議室でやるのだから前準備がいる。

まずは「あなたが街中を歩いているとしましょう。そのときに何を考えていますか?」とやってみる。

すると相手はその街中の雰囲気に浸ることができる。

そこではじめて「タコが踊るのはどうでしょう?」と言ってみる。

これが雰囲気作りをせずにいきなりタコ踊りを提案しても何を馬鹿な、ということになるだろう。

相手を提案を受ける人ではなくて、生活者の状態にまで戻すことがまずは必要なのだ。

■ 企画

仲のよい同僚と数人で行う。

  1. 自社で使ったプレゼンテーション(提案資料)を一人ひとつ持ってくる。
  2. 机の上において、ランダムに一人ずつに配る。
  3. それを見て、その際にどのような雰囲気づくりをすべきだったかをアイデアとして出す。
  4. 終わったら全員が発表する。

■ 一言の出典

ひとつ上のプレゼン。

» ひとつ上のプレゼン。

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.