【書評】 サルになれなかった僕たち ― なぜ外資系金融機関は高給取りなのか

SPONSORED LINK

Pocket

saru.jpg

最近話題の外資系金融機関についての本を読了。下品なジョークがちりばめられているので好き嫌いは別れるところですが・・・個人的には勉強になりました。

いわゆる投資銀行の内情を赤裸々につづった本ですね。お金はとんでもなくもらえるけど人として扱われていない・・・といった、まぁ、愚痴っぽいものが「投資銀行って何やってんの?」というエピソードを交えて軽快に語られます。

資料の使いまわしや、企業価値評価のからくりなど、ジョークまじりに紹介されていますが、実際のところそういう側面もあるのかなぁ、と思ったり。今は投資が必要な状況にはいませんが、将来なにかあったときのために覚えておこうと思いましたw。

Amazonの書評にもありますが、日本の外資系投資銀行とは内情が違うでしょうし、書いた人もはじめたばかりですぐに辞めているので「新人の愚痴」レベルを出ませんが、この業界に興味のある方にはおすすめです。

こうした翻訳本は訳が・・・ということもありますが、この本に関しては全然気になりませんでしたよ。すんなり読めました。よろしければどうぞ。

サルになれなかった僕たち―なぜ外資系金融機関は高給取りなのか

» サルになれなかった僕たち―なぜ外資系金融機関は高給取りなのか

■ 関連記事

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.