メッセンジャー用のボットを作る方法

SPONSORED LINK

Pocket

imi.gif

これは個人的にメモ。ボットってどうつくるんじゃい?と思っていたので。imifiedを使えば簡単にできるっぽいですね。メジャーなメッセクライアントに対応しているようです(でもSkypeがないっぽいな・・・)。

簡単に作業の流れだけ紹介しておきます。

  1. imifiedで招待状を取得
  2. まずはimifiedを使うために招待状をゲットします。普通に申し込めばすぐにくれるっぽいです。なお、一つのメアドに対して一つのボット名しかつけられないようなので慎重に。

    » IMified – Developers (beta)

  3. imifiedに参加
  4. 秘密キーが記されたメールが届くらしいのでimifiedで登録。

    » IMified – Developers (beta)

  5. サーバーサイドのプログラムをアップ
  6. ここでプログラムを書きます。開発者用のページを参考にしましょう。network、step、value、msgといった値がメッセから渡されるようです。

    » IMified – Developers (beta)

    プログラムが出来たらサーバーにアップしてURIをコピーしておきます。

  7. imifiedでプログラムを指定
  8. コピーしたURIをimifiedに登録します。

  9. テスト
  10. そのあとボットを自分のメッセに登録してテストしてみます。

メッセを使ったツールは便利そうですよね・・・なにか作ってみようかな。夢が広がります。

以下の記事ではより詳細な例が載っていますよ。よろしければどうぞ。

» How to Write Your Own IM Bot in Less Than 5 Minutes

■ 関連記事

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.