現役高校生3人が作った「ねみんぐ!」の取材裏話

SPONSORED LINK

Pocket

neming_top.gif

さて最近アツイのが「ねみんぐ!」という画像命名サービスをつくった高校生3人組。Biz.IDでも取材させてもらいましたが、なんか、こう、いいですよね。プログラミング大好き!感が伝わってきて。そんな彼らの取材裏話でも書いてみます。

  • サーバーは割り勘で
  • 高校生にとって一番痛いのは出費。「ねみんぐ!」もなるべく安いサーバーを借りているとのこと。「サーバー代ってどうしているの?」と聞いたら「今、月300円で借りているので3人で割り勘にしています!」と元気の良い返事・・・。

    300円かぁ・・・。ちょっとお兄さんがサーバーを・・・と喉まで出かかりましたが、サーバー代で苦しむのも良い経験ですよね。制限があるからこそ生まれるものもあります。がんばってほしい。

  • 作ったらプレスリリース
  • 今回、取材に至った経緯は安野くんからの売り込みメール。「自分たちでつくったサービスを取材してください!」という勢いのあるメールがきました。

    サービスをつくったらプレスリリース、という癖を今からつけておくといいですよね。プレスリリースにもノウハウがありますし、面倒くさがらずにそこまでが開発、と思っていてもいいかと思います。

  • ノートを半分に折る理由
  • 取材後に草野君がブログで僕の取材スタイルについて次のように書いていますが、ちょうどいい機会なのでつっこんでおきましょう。

    メモを取る時には、まず半分に折り、そこから一枚を左と右の二つに分けてメモを取られていた。

    取材するときは、A4の裏紙を縦半分に折って使っています。全体的にメモは縦半分に線をひいて使いますが、それは書くときも読むときも目が疲れないため。一般的に「目は縦に動くよりも横に動いた方が疲れる」からです。

    だから横に目を動かす距離を少なくさせるために縦半分の幅で使っています。たしかユダヤの勉強法なんちゃらの本を読んだときに仕入れた知識で、それ以来そのように使っています。なかなか快適ですよ。よろしければ。

以上ですかね。そういえば「amachang紹介してください!」と言っていたので近いうちにメッセで紹介しよう。高校生がメッセにいる時代になりましたねぇ。

» ひとりで作るネットサービス:【番外編】「高校生がもっと出てきてほしい」――「ねみんぐ!」を作った現役高校生3人組からのエール (1/3) – ITmedia Biz.ID

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.