【PR】 先着順で招待!多彩なエフェクトを駆使できる最強の動画マッシュアップサービス『Sprasia』

SPONSORED LINK

Pocket

※ この記事は『Sprasia』を運営する株式会社スプラシアとのタイアップ記事(広告)です。

「やっぱり波動ビームじゃないですか。それがどうしても子供の頃からうってみたくて。」誰でも簡単に映像で遊べるツール、Sprasiaを立ち上げた内ヶ崎さんはそう言いながら、彼が作った映像を見せてくれた。

場所は深夜のSprasia社内。社員に撮ってもらって内ヶ崎さん自身が「波動ビーム」を出している映像だ。光の玉が内ヶ崎さんの手の中で「ギュイーン!」と大きくなり、強烈な波動となって「ズドーーーン!」と飛んでいく。もちろん効果音もばっちりだ。

↑ 波動ビームを撃つ内ヶ崎さん。かなり気持ち良さそうだ(笑)。

「深夜だったのですが、社内で盛り上がっちゃって。あとは爆発も入れようとか、エフェクトのアイディアもどんどん湧いてきました。」Sprasiaの開発に一気に勢いがかかった瞬間だった。

■ 多彩なエフェクトであなたの映像が生まれ変わる!

Sprasiaでは「誰でも映画監督になれるツール」を目指した。小さい頃から映画が大好き、という内ヶ崎さんは映画監督になることが夢だった。「でも、頭に映像が浮かんでもそれを作れるほどの映像センスが自分にはありませんでした。ただ、それでも映像を作りたかったのです。」

大学卒業後、NTTドコモに入社。そこで社会人経験やビジネスロジックを学び、起業。共に起業したクリエイターのメンバーと映像制作を請け負いながら「誰でも簡単に映画のような映像が作れるツール」を思い描いてきた。

それがカタチになったのがこのSprasiaだ。日々増え続けるエフェクトを使い、自分が撮った映像に「それっぽい」効果をかぶせていくことができる。

sprasia_effect_1.jpg

↑ 波動ビームをつけるエフェクト。

sprasia_effect_2.jpg

↑ マンガの集中線のようなエフェクト。

sprasia_effect_3.jpg

↑ マトリックス風の弾丸エフェクト。

もちろん誰でもこうした映像が作れるように、なるべく簡単なツールを開発した。映像に効果をつける方法は二種類。effectunesと呼ばれる編集ツールと、それの簡易版だ。

effectunesではほとんどの操作をドラッグ&ドロップで行うことができる。タイムライン上にエフェクトや効果音などを配置すればすぐにそれっぽい映像ができてしまう。もちろん吹き出しを配置して自分の好きなセリフを入れ込むこともできる。

sprasia_effectunes.jpg

↑ effectunesでの作成画面。エフェクトは日々増え続けている。それらを見ているだけでもインスピレーションが湧いてくる。

effectunesの簡易版は映像プレイヤー上から直接操作してエフェクトをかけていくことができる。気に入った映像があれば、自分のお気に入りのエフェクトをその場で追加して、保存することができる。

こうして作った映像はもちろんブログ上で公開可能だ。また基本的にマッシュアップ映像を推奨しているので、他の人が作った映像にエフェクトをかけて自分の映像として公開することもできる(他の人に編集されたくない映像にはプライベート設定もできる)。

■ 忘年会シーズンに最適では!?

「内輪ウケで全然いいと思うのですよ。」内ヶ崎さんはSprasiaの楽しみ方についてそう語る。例えば呑み会で撮った映像に、おのおのがツッコミを入れて転送する、といった楽しみ方を想定している。

ただ、だらだらと忘年会での映像を流すよりも「この肉、マジうまかったよね!」「部長、ボケすぎ!」といった吹き出しを入れたほうが数倍楽しいはずだ。セリフだけではなくて、エフェクトも入れればさらに楽しむことができるだろう。

↑ Sprasia社員が作ったある呑み会映像。完全に内輪ウケだが、実に楽しそう。

Sprasiaは現在クローズドベータ版。安定したサービスを提供するため、まずは500名限定の招待制とのこと。ユーザーの声を取り入れながら順次、エフェクトの充実、システムの増強を図っていくという。

「こんなエフェクトがあったらおもしろいよね」とわいわい笑いながら作ってきたというSprasia。これからの忘年会シーズン、多彩なエフェクトでツッコミを入れつつ、新しい映像の楽しみ方を体験してみてはどうだろうか。

» Sprasiaへの会員登録はこちら(先着500名の方以降は順次開放予定)

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. 実に面白い!!

  2. 多彩なエフェクトを駆使できる最強の動画マッシュアップサービス『Sprasia』

    誰でも簡単に映像で遊べるツールっていうのがあるらしい
    もしかしたらはやるかもね
    もっとクオリティが上がって行けば色々と面白そう

    >>…

  1. No trackbacks yet.