名前にまつわるライフハックいろいろ

SPONSORED LINK

Pocket

name_top.jpg

ちょっとまとめたくなったのでまとめてみる。名前を間違えたり忘れたりすると、なんかいろいろ、ごめんなさいね、となっちゃいますからね。

■ 初対面の人の名前を覚える

いくつかやり方ありますね。個人的に気をつけていることをあげてみます。

  • 会ってから2分以内に3回使う
  • 最強なのはとにかく使うこと。「○○さんはどう思いますか?」「~はどうですか、○○さん?」「○○さん、おもしろーい!」などなど。

  • 由来を聞く
  • 親御さんにからめて質問するとベスト。「どちらの親が考えられたのですか?」「親御さんはどういう思いを込められたのですか?」

  • 兄弟の名前も聞く
  • 意外なエピソードを聞くこともできたりするのでそれで記憶の定着化。これで親の命名規則なんかもわかったりする。

  • なんと呼ばれたいか聞く
  • 名前が平凡な場合、むしろニックネームの方を覚える。「友達からはなんと呼ばれていますか?」「なんとお呼びすればいいですか?」「お前、今日からジェロニモな!」などなど。

  • 連想しまくる
  • 漢字や音感から連想するものを口にだしていってみる。相手の意見を聞く。「雅(みやび)なお名前ですね」「~みたいに聞こえますね」など。

  • 英語にする
  • 似た発音の英語にしてみたり、漢字を英訳してみたりする。「木村さん・・・tree villegeさんですね」など。英訳の過程でイメージを膨らませる。

そのぐらいですかね・・・さて次。

■ さっき聞いたばかりの名前を忘れたとき

・・・ありますよね、そういうとき。

  • 「あれ、漢字ってどう書かれるんでしたっけ?」
  • 基本。

  • 「下のお名前は?」
  • フルネームをきいてなかった場合に限る。

  • 「これ、僕の友達です」
  • 誰かひっぱってきてあらためて自己紹介してもらう。

  • 「どういうお仕事されているのでしたっけ?」
  • そう言って名刺をもらう、もしくはしまった名刺を再度取り出して確認する。

こんなところかな。

■ ひさしぶりに会った人の名前を忘れたとき

こうしたシーンもよくあります。困ったことに。

  • 「あ、そうだ!名刺変わったんだよ」
  • そう言って名刺を渡す。変わってなくてもおかまいなし。で、「お前の名刺もくれない?」

  • 「そういえばさ、メアド変わってない?なんだっけ?」
  • そういって名前のヒントをもらう。

  • 「えーと、どちらさま?」(眉をしかめて)
  • おおげさに直球。「えー!○○だよ」と言われたらすかさず「知っているよ、冗談、冗談」と切り返す。ちょっと苦しい。

  • 「あー、ロドリゲス!(適当な外人名で)」
  • 「誰だよ!」とつっこまれてその場はなごやかに。でも本名が最後までわからないケースも。

  • 「これ、僕の友達です」
  • 上述と同じ。友達を紹介してまた名前を聞き出す。

これぐらいかな。ミズノンノとかに聞けば妙案がありそうな。今度きいておこう。

他にもこんなのがあるよー、というご意見があれば是非。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.